廃棄 物 処理 法。 廃棄物処理法とは?違反するとどうなるの?

廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令

処理 廃棄 法 物

⚡ この処理にあたっては、総体として安定型産業廃棄物以外の廃棄物として取扱い、中間処理施設、又は管理型最終処分場において適切に処理しなければならない。 許可のない事業者への運搬及び処分の委託違反 法第12条第5項 罰則 5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金。 すなわち、受入事業者が運送費相当額以上の対価を払って購入すること。

7

廃棄物処理法の概要 | 環境生活部環境局循環型社会推進課

処理 廃棄 法 物

🚒 (環循規発第 18033028号、環境省環境再生・資源循環局廃棄物規制課長通知)• そのようなことを想定 して、社内に以下のような 仕組みを取り入れることにより、リスクが少しでも減るのではないかということで提案させていただきます。 産業廃棄物の処分又は再生を委託するときは、その処分又は再生の場所の所在地、その処分又は再生の方法及びその処分又は再生に係る施設の処理能力 ニ. 6 収集運搬が終了した後、マニフェスト又は電子マニフェストにより速やかに終了日、処理状況を排出事業者に報告すること。 )を処分するために処理したものについて、当該処理したものが、廃酸又は廃アルカリの場合は当該廃酸又は廃アルカリに含まれる別表第一の一一の項の第一欄に掲げる物質に対応する同項の第二欄に掲げるとおりとし、廃酸又は廃アルカリ以外の場合は当該処理したものに含まれる 別表第六の一一の項の第二欄に掲げる物質に対応する同項の第三欄に掲げるとおりとする。

17

廃棄物処理法における罰則一覧表(平成30年4月1日施行後)

処理 廃棄 法 物

🖐 )を処分するために処理したものについて、当該処理したものが、廃酸又は廃アルカリの場合は当該廃酸又は廃アルカリに含まれる別表第一の八の項の第一欄に掲げる物質に対応する同項の第二欄に掲げるとおりとし、廃酸又は廃アルカリ以外の場合は当該処理したものに含まれる 別表第六の八の項の第二欄に掲げる物質に対応する同項の第三欄に掲げるとおりとする。

11

大阪府/廃棄物処理法の対象となる廃棄物か?(FAQ)

処理 廃棄 法 物

😜 4 処理業者は、排出事業者との書面による委託契約に従い、廃棄物を適正に処理する。

廃棄物処理法の概要 | 環境生活部環境局循環型社会推進課

処理 廃棄 法 物

💅 )のうち、汚泥については当該汚泥に含まれる 別表第五の九の項の第二欄に掲げる物質に対応する同項の第三欄に掲げるとおりとし、廃酸又は廃アルカリについては当該廃酸又は廃アルカリに含まれる別表第一の九の項の第一欄に掲げる物質に対応する同項の第二欄に掲げるとおりとし、 コのこれらの廃棄物を処分するために処理したものに係る環境省令で定める基準は、汚泥、廃酸又は廃アルカリ(国内において生じたものにあつては、令別表第三の三四の項に掲げる工場又は事業場において生じたものに限る。 他にも定期報告事項として、産業廃棄物管理票(マニフェスト)交付状況や、特別管理産業廃棄物のPCB廃棄物などを扱う排出事業者は、PCB廃棄物などの保管及び処分状況などの報告が必要になります。 廃棄物の定義に関する不適正事例 廃棄物処理法では、「廃棄物」とは、ごみ、粗大ごみ、燃えがら、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体その他の汚物又は不要物であって固形状又は液状のものをいうと定義されています。

20

廃棄物処理法の概要 | 環境生活部環境局循環型社会推進課

処理 廃棄 法 物

👣 )のうち、汚泥については当該汚泥に含まれる 別表第五の二二の項の第二欄に掲げる物質に対応する同項の第三欄に掲げるとおりとし、廃酸又は廃アルカリについては当該廃酸又は廃アルカリに含まれる別表第一の二二の項の第一欄に掲げる物質に対応する同項の第二欄に掲げるとおりとし、 セのこれらの廃棄物を処分するために処理したものに係る環境省令で定める基準は、汚泥、廃酸又は廃アルカリ(国内において生じたものにあつては、令別表第三の四七の項に掲げる工場又は事業場において生じたものに限る。

14

環境省_平成29年改正廃棄物処理法について

処理 廃棄 法 物

☺ 及び廃石膏ボードは安定型産業廃棄物から除外されているので留意すること。

4

大阪府/廃棄物処理法の対象となる廃棄物か?(FAQ)

処理 廃棄 法 物

🤔 )を処分するために処理したものについて、当該処理したものが、廃酸又は廃アルカリの場合は当該廃酸又は廃アルカリに含まれる別表第一の一三の項の第一欄に掲げる物質に対応する同項の第二欄に掲げるとおりとし、廃酸又は廃アルカリ以外の場合は当該処理したものに含まれる 別表第六の一三の項の第二欄に掲げる物質に対応する同項の第三欄に掲げるとおりとする。 )の規定により別に受けた許可を証する書類を提出して受けた許可を除く。 ただし、泥状とはとらえられない土砂については、廃棄物処理法の対象外です。

9

大阪府/廃棄物処理法の対象となる廃棄物か?(FAQ)

処理 廃棄 法 物

😜 )のうち、汚泥については当該汚泥に含まれる 別表第五の五の項の第二欄に掲げる物質に対応する同項の第三欄に掲げるとおりとし、廃酸又は廃アルカリについては当該廃酸又は廃アルカリに含まれる別表第一の五の項の第一欄に掲げる物質に対応する同項の第二欄に掲げるとおりとし、 ヤのこれらの廃棄物を処分するために処理したものに係る環境省令で定める基準は、汚泥、廃酸又は廃アルカリ(国内において生じたものにあつては、令別表第三の三〇の項に掲げる工場又は事業場において生じたものに限る。

6